消防団活動、災害対応・・・

2019年10月21日 (月)

10/18に小海町消防団第1分団(東馬流班)へ小型動力ポンプ付軽積載車の引渡しが行われました。消防団活動では、12日から13日の台風19号に際し、小海町消防団の全分団が出動し、危険箇所の見回り、避難者誘導、土嚢設置、浸水被害宅の対応、など精力的に活動をしていただき、たいへん心強く感じました。心から感謝と敬意を表します。今回、48時間期間最大雨量は隣の北相木村で観測史上最多の411ミリを記録、当町でも30時間で約200ミリを記録しました。南佐久地区でも甚大な被害が発生してしまいました。自然の脅威を改めて実感し、日頃からの防災、減災の備えをし、自らの命は自ら守る最善の行動をしてもらうことの大切さを再認識しました。

DSC01035○.jpg

このページのトップへ