令和3年新年を迎え

2021年1月 4日 (月)

 皆様、令和3年の新しい年を迎えました。明けましておめでとうございます。昨年はコロナ感染症一色の年でした。今年は、この厳しい状況を早く乗り越え、町の発展と町民皆様の元気に繋がるよう町政を進めてまいります。新年にあたり「町民一丸となり力強い小海町に」と題して小海町公民館報に掲載しました。
  令和3年町長新年あいさつ.pdf

<4日の職員への町長訓示です。>
 令和3年度は、町長として任期最終年度である。全職員と個人面談をしてきたが、果たして皆さんは、なすべき仕事を速やかに遂行できましたか、どうでしょうか。本年は改めて見直しをしたいと思います。長野県は3日に、佐久広域圏のコロナ感染警戒レベルを3から4に引き上げ特別警報を出しました。私は常に申し上げていますが、町民の皆様はまず役場が頼りになる、町民皆様から頼られる役場職員になることを、常に心して職務専念をお願いします。就任時申し上げた機動力5か条 ①言い訳するな ②できない説明よりやる方法を考えることに労力をそそげ ③心配の先取りをするな、すぐにやる ④困らなければ知恵はでない ⑤パーフェクトを狙うな、60%で良いともかく進めよ を再度確認し、皆さんはプロである自覚、責任、そして使命感を持って業務遂行をお願いしたい。特に、課・係ごとに何でも話せる、楽しく充実した仕事ができる雰囲気を管理職中心につくっていただきたい。「挑戦」「新鮮」「実行」を引き続きキーワードとし、皆さんは社会的に守られ安定しています。これに甘んじず、自分なりの目標を持ち、職員としの自覚を持って、新年の心をつくってほしい、そして町民のために信念を持って業務遂行をお願いします。
DSC01584〇.jpg

 

人権を考える町民の集い

2020年12月 2日 (水)

11月29日(日) 第28回人権を考える町民の集いが小海町総合センターにおいて開催。130名参加。長野市出身のパラアスリート:青木辰子さんの記念講演  夢をあきらめないで頑張れば形は変わっても世界の舞台に立てて充実した競技人生で送る事ができたこと。人は一人では生きていけない、地域社会の一員としての立場の理解と言動が大切で、他人の心を傷つけない事に繋がる、困っている人への助け合いや気遣い、お互い様の精神で相手を思いやる心が大切ではないでしょうか。

IMG_9317〇.jpg

小海駅前の電飾

2020年12月 2日 (水)

JR小海駅前ロータリーに電飾が設置された。小海サミット共栄会(駅前通り商工業の店主達で組織)が中心になり11月28日に飾り付け。令和3年1月末まで午後4:30頃から11:20頃まで点灯しています。

DSC_0898〇.jpg

OSJ KOUMI 100(シリーズ第11戦)

2020年10月13日 (火)

 2020年10月9日午前5時 松原湖高原スケートセンタースタート 八ヶ岳中腹標高2,100mまで駆け上がる 5周回175kmのトレランレース 台風14号接近で大雨の中でしたが無事開催終了。 男子優勝者コメント:周回コースで選手には物足りなさもあるけれど、同じ場所に戻ってくることで次の周回に挑戦する己の精神力を鍛えるには最高のレースとのこと。 北は北海道、南は福岡県、全国各地から小海町へお越しくださいました。 昨年の台風19号直撃による中止から1年、本年は新型コロナウイルス感染予防により全国各地で大会が中止となる中、本大会は感染予防対策を徹底し、運営会社(有)パワースポーツと小海町とより強い絆で結ばれ、選手、運営関係者には思い出に残る大会となりました。 参加選手498名 +ペーサー138名 636名 当日出走426名 完走者118名 完走率28パーセント

zyosei.jpgdannsei.jpg

コースマップ.pdf    小海町長あいさつ.pdf

四つのテスト

2020年7月28日 (火)

町長就任から2年4か月が過ぎました。私は毎日の朝礼で普段感じたことや
職員に実践してもらいたい事などを一言述べてきました。
今朝の一言は、生活や仕事の場面で常に参考になる「四つのテスト」を紹介しました。

 ①真実かどうか ②みんなに公平か ③好意と友情を深めるか
 ④みんなのためになるか どうか

 これからも述べていきたいと思います。

DSC01535〇.jpg

このページのトップへ