令和3年新年を迎え

2021年1月 4日 (月)

 皆様、令和3年の新しい年を迎えました。明けましておめでとうございます。昨年はコロナ感染症一色の年でした。今年は、この厳しい状況を早く乗り越え、町の発展と町民皆様の元気に繋がるよう町政を進めてまいります。新年にあたり「町民一丸となり力強い小海町に」と題して小海町公民館報に掲載しました。
  令和3年町長新年あいさつ.pdf

<4日の職員への町長訓示です。>
 令和3年度は、町長として任期最終年度である。全職員と個人面談をしてきたが、果たして皆さんは、なすべき仕事を速やかに遂行できましたか、どうでしょうか。本年は改めて見直しをしたいと思います。長野県は3日に、佐久広域圏のコロナ感染警戒レベルを3から4に引き上げ特別警報を出しました。私は常に申し上げていますが、町民の皆様はまず役場が頼りになる、町民皆様から頼られる役場職員になることを、常に心して職務専念をお願いします。就任時申し上げた機動力5か条 ①言い訳するな ②できない説明よりやる方法を考えることに労力をそそげ ③心配の先取りをするな、すぐにやる ④困らなければ知恵はでない ⑤パーフェクトを狙うな、60%で良いともかく進めよ を再度確認し、皆さんはプロである自覚、責任、そして使命感を持って業務遂行をお願いしたい。特に、課・係ごとに何でも話せる、楽しく充実した仕事ができる雰囲気を管理職中心につくっていただきたい。「挑戦」「新鮮」「実行」を引き続きキーワードとし、皆さんは社会的に守られ安定しています。これに甘んじず、自分なりの目標を持ち、職員としの自覚を持って、新年の心をつくってほしい、そして町民のために信念を持って業務遂行をお願いします。
DSC01584〇.jpg

 

このページのトップへ