紅葉ウオーク

2018年10月19日 (金)

10/13(土)に、星フェスと同日開催。参加者は160名程。台風24号の影響で林道が通行危険となり
急遽「星見ヶ池コース」に変更、黄色く紅葉した白樺林や別荘内池など見られる8.5kmのコース。
当初のレストハウスふるさと(標高1,706m)までの林道往復12kmのコース(絶景、天空体感)は次回に期待。
出発式には(一社)全日本ノルディック・ウオーク学会名誉会長:矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)
先生にご参加をいただきました。
来年の2019年6月21(金)~23(日)に全日本ノルディック・ウオーク連盟/創立10周年記念イベント&ウオークが開催される予定です。
フィンランド発祥のノルディック・ウオーキングはストック(ポール)を使ってのウオーキングで上肢も含め全身運動になり運動量が増えます。

P1100728①kaikaisiki.jpg

P11007342②yanosennsei.jpg

P1100758③suta-to.jpg

星フェス

2018年10月17日 (水)

10/12(金)~14(日)の3日間、『星と自然のフェスタ2018』が小海リエックスを主会場に開催。
今年で2年目。あいにくの天候で星は臨めませんでした、昨年は雨、来年はきっと晴天に。
来場者は約1000人で大変な賑わいとなりました。
大手メーカーのブースでは、普段では見られない天体望遠鏡の展示、アウトレット品の販売、
飲食ブースでは、地元食材の鞍掛豆ウインナー、小海そば、きのこ汁などが好評でした。
地元のクラフトブースでは、子どもも楽しめる鳥絵や木工、火おこし体験が行われました。
ご尽力・ご協力をいただきました関係するすべての皆様に厚く御礼申し上げます。

☆最後に関係者で記念撮影

DSC_0308○.jpgのサムネイル画像

★詳細はHPを ⇒ 北八ケ岳・小海『星と自然のフェスタ』

加工直売所を指定管理に

2018年10月 2日 (火)

 「農産物加工直売施設」を10月から「直売所の会」に指定管理者指定をしました。

施設の管理運営の権限と責任を2022年度までお願いするものです。

 新鮮で安全な地元農産物を販売するとともに、今後は消費者ニーズを把握し生産や直送により確保し販売してほしい、例えば、海産物を大洗町ほかから直送し販売してもらえばもっと客層が増えると思います。

 「直売所の会」役員(10名)、会員(加工グループ8団体、生産者149名)の皆さんが力と知恵を出していただき、直売所の活性化と目標に向かって着実に歩んでほしい、町として支援・協力をしていきたいと考えているところです。

直売所(プチマルシェこうみ)ホームページ

P1100662○maru.jpg

直売所の会 会長:成澤良夫さん、副会長:新津八朗さん
指定管理に関する協定書の調印

「経済月報」に掲載

2018年9月18日 (火)

(一財)長野経済研究所発行の「経済月報」9月号に、私へのインタビュー記事が載りました

わが町の地域づくりについて大いに語りました、ぜひご覧ください。

クリックを ⇒A4で4ページ(1.4MB).pdf

リチャード・ホーア展 小海町高原美術館

2018年9月13日 (木)

9月8日から11月4日(日)まで「リチャード・ホーア展 小海・詩」を開催。

リチャード・ホーアさんは英国人、51歳、2年前から松原高原の別荘に滞在し、天狗岳(てんぐだけ)、御座山(おぐらさん)、松原湖、森、木などを題材に油彩、水彩、インク、モノタイプと多彩な技法で作成した100点を超える作品を展示。

英国人が見て感じて作成した絵がどんなものか、ぜひご覧ください。

⇒ 美術館HP

IMG_5357○2◎.jpg IMG_5268○①◎.jpg

このページのトップへ