「憩うまちこうみ」シンポジウム

2019年2月18日 (月)

2月15日(土)、東京グリーンパレスにおいて町主催で開催。長野県知事:阿部守一様、全国健康保険協会理事長:安藤伸樹様、お二人からは組織トップの立場で現状や取組みについて率直でたいへんわかりやすいお話をいただきました。MOMO統合医療研究所所長:医師・医学博士:木村理砂様から小海町Re・Designセラピーは、リラクゼーション、気分状態改善、活気を高める、睡眠の改善などに有効だと報告されました。長野県森林大使:C.W. ニコル様から自身の幼少期からのお話をスライドとBGMによりお聞きし、涙がでるほど感動的なお話でした。皆様本当にありがとうございました。約100社、200名近い方にご参加いただきました。㈱エヌ・アンド・アイ・システムズ:会長 青木健一郎様、アルファテックス㈱:会長 石川 勝様、㈱Hacoa:東京支店長 大場 友 様, それぞれの皆様から会社の紹介や理念、ポリシー、生き方などをお聞きし深い感銘を受けました。3社とは「憩うまち協定」を結ばせていただきました。終了後、数社から早速参加の申込みをいただきました。シンポジウムは大成功裏に終わりました。今後は皆様のご意見・ご要望をお聞きしながら小海町での受入体制の充実を進めてまいります。引き続き皆様のご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

H310215kyoutei○.jpg

氷上トライアスロン小海大会

2019年2月 4日 (月)

何と30回目の開催となりました、21回目あたりで開催休止となるところを当時町観光協会長だった私の執念というか熱い思いに商工会、観光協会他たくさんの皆さんが応えてくれ、また協賛企業のご支援をいただき休むことなく続けてこられました。私は町長をやっている限りは続ける決意でいますので、(懲りるこなく?)毎年参加してくださる選手の皆さん引き続きご参加をお願いします。今回は選手157名(リレー部門20チーム55名)の応募、定員は200名ですのでまだ余裕あります。大会の様子がabnテレビで2/23(土)15:00から30分番組で放映される予定です。天気も良く、選手も元気に楽しく、多くのスタッフ、多くの協賛企業のご協力をいただき、またプロスキーヤー:上野眞奈美さん、お笑い芸人(羽生ゆずれない+おおともりゅうじ)さんにも盛り上げていただきました。すばらしい30回記念大会になりました、すべての皆さんに感謝、感謝です。ありがとうございました。(大会長:小海町長)

DSC00242開会.jpgDSC00237全体.jpg

小海中学校スケート部から

2019年1月29日 (火)

小海中学校スケート部から全国中学校スケート大会へ出場する報告が行われました。
スピードスケート競技は2/2(土)から2/5(火)まで長野市エムウエーブにおいて開催されます。 3年生2名、2年生6名、1年生3名 計11名の各選手から決意表明があり、私から選手にエールを送りました 『ベストを出すように 頑張るぞー オー』

DSC00210○.jpg

「憩うまちこうみ」 東京でシンポジウムを開催

2019年1月25日 (金)

当町では、平成28年度から「憩うまちこうみ」事業に取組んでいます。
これは、首都圏企業の社員の皆様に当町の「Re・Designセラピー」にご参加いただき、健康維持・増進、ストレス解消、心の安定等の効果を得てもらうものです。企業様の経営管理の一つの拠点としてご利用いただくと共に皆様の希望や要望に寄り添った癒しの町に成長していきたいし、ご参加企業様と協定を結びお互いにwin-winの関係が構築できれば最高だと考えています。
「Re・Designセラピー」とは、当町オリジナルセラピープログラムで、①リラックス(森林浴・・)②瞑想(ヨガ・・・)③コミニュケーション(焚き火、星空・・)③デトックス(地元食材ヘルシー食・・)の4つの要素を組み合わせたセラピープログラムです。2月15日(金)に東京にてシンポジウムを開催します。阿倍長野県知事、安藤全国健康保険協会理事長、C.W.ニコル長野県森林大使の各皆様の基調講演があり、またMOMO統合医療研究所木村所長から当セラピーの持つ効果を発表していただきます。
 200名定員です、ご関心のある皆様の申込みをお待ちしております。

 チラシ20190215.pdf

平成31年小海町消防団出初式

2019年1月14日 (月)

式典が1月12日(土)午前10時から小海中学校体育館にて多数のご来賓のご臨席を賜り開催され、その後、分列行進、初放水が行われた。
消防団は、町民の身体・生命・財産を守るという崇高な使命のもと、団の規律と自らの意思で精力的に活動されており、心から敬意と感謝を申し上げます。 長い歴史と重い伝統のあるわが小海町消防団を団員数は減少していますが、しかし組織の維持・発展に向け皆で盛り上げて行かなければいけないと強く思いました。

IMG_3418○.jpg

DSC00156○.jpg

DSC00174○.jpg

このページのトップへ