小海町

  • Foreign language

離婚等により令和3年度子育て世帯への臨時特別給付を受け取っていない方へ

[更新日]

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付(支援給付金)のご案内

「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付」は、

  • 中学生以下は、令和3年9月分の児童手当受給者(8月31日時点で対象児童を養育している者)
  • 高校生等は、令和3年9月30日時点で対象児童を養育している主たる生計維持者

が支給対象となっています。

そのため、基準日より後に離婚した場合など、新たに対象児童の養育者となっているにもかかわらず、元配偶者に支給され、話し合いが出来ない等の理由により、給付を受け取れない場合があります。

そこで、離婚等(協議中を含む)によって、2月28日時点で対象児童を養育しているものの、給付を受け取っていない方に対し、児童1人あたり10万円の「支援給付金」を支給します。

支援給付金のご案内

支給対象者

次の1から3のいずれか及び4から8の全てに該当する方が支給対象です。

  1. 令和3年9月分の児童手当の受給者ではなかったが、離婚等により、令和4年3月分の児童手当の受給者になった者(令和4年2月28日までに申請の場合は、令和3年9月1日から申請時までの間に児童手当の受給者変更手続を完了し、申請時点において児童手当の受給者である者)
  2. 令和3年9月30日において高校生等を養育していなかったが、離婚等により、令和4年2月28日時点(令和4年2月28日までに申請の場合は申請時)において高校生等を養育している者
  3. その他これらに準ずる方(DV特例・施設特例の所要の手続を行っておらず給付金の支給先が変更されていない場合、養子縁組や海外からの帰国により養育者が代わっている場合等)
  4. 「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付」の支給を受けていない方
  5. 前養育者と別居し、実際に対象児童を養育している方
  6. 給付金を受給した前養育者から、給付金(10万円)を受け取っていない方
  7. 給付金を受給した前養育者が、対象児童のために、給付相当額(10万円相当)を使っていない場合
  8. 児童手当の所得制限限度額未満の方

※支給対象になると思われる方は、ご相談ください。

対象児童

平成15年4月2日から令和4年3月31日までに生まれた児童

支給額

対象児童1人につき10万円

※前養育者からすでに給付金の一部を受け取っていたり、児童のために消費されている場合は、その額を差し引いた額。

申請方法

給付金の支給を受けるためには申請が必要です。

対象となる方は、次の書類を窓口持参により提出してください。

【申請に必要な書類】

  • 支援給付金申請書
  • 申請者名義の通帳の写し
  • 公務員(所属庁支給)の方は児童手当を受給していることが分かる書類(支払通知書・認定通知書の写し等)
  • 令和4年3月分の児童手当(本則給付)の認定市町村(2月28日までに申請の場合は申請時点における児童手当支給の認定市町村)から転居した場合には、受給者であったことがわかる書類(支払通知書・認定通知書の写し等)を添付してください。

《児童手当の対象とならない高校生のみの養育者の場合は、下記の書類も必要です。》

  • 令和4年2月28日までに離婚または離婚協議中であることが確認できる書類
    離婚が成立している場合は、離婚した日が記載された戸籍謄本
    離婚協議中の場合は、離婚調停の期日呼び出し状など
  • 令和3年度(令和2年分)所得課税証明書
    ※令和3年1月1日時点で、小海町に住民登録されている方は不要
  • 対象児童の住民票
    ※申請時点で、対象児童が小海町に住民登録されている場合は不要

申請期限

令和4年4月30日

注意事項

給付金の支給後、支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合には、給付金を返還していただく必要があります。(修正申告などで令和3年度所得が変更となり、児童手当の所得制限限度額以上になった場合、偽りその他不正な手段による申請が判明した場合など)

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課子育て支援係(小海なかよし児童館)
電話
0267-92-2580
FAX
0267-92-2580

電子メール
kosodate(@)koumi-town.jp :(@)は半角 @ に置き換えて下さい。
子育て支援課小海保育所
電話
0267-92-2351
FAX
0267-92-2030

電子メール
kosodate(@)koumi-town.jp :(@)は半角 @ に置き換えて下さい。

子育て支援ガイド

このページのトップへ