小海町

  • Foreign language

ノロウイルス感染症・食中毒予防対策について

[更新日]

感染性胃腸炎の発生は、例年、12月頃にピークを迎える傾向があります。この時期に発生する感染性胃腸炎のうち、特に集団発生例の多くは、ノロウイルスによるものであると推測されています。手洗いの徹底、糞便・吐物の適切な処理等の感染症・食中毒予防対策の実施をお願いいたします。

ノロウイルス感染症・食中毒予防対策.pdf

このページに関するお問い合わせ

町民課保健係
電話
0267-92-2525
FAX
0267-92-4335

電子メール
koumi(@)koumi-town.jp :(@)は半角 @ に置き換えて下さい。

保健・医療

このページのトップへ