所蔵作品 Collection  (50音順)

新井光風(あらい こうふう) 【書】 
 

井出陽一郎(いで よういちろう) 【絵画】 
   

 岸田夏子(きしだ なつこ) 【絵画】  
   

 栗林今朝男(くりばやし けさお) 【絵画】 
 1924年小海町に生まれる。復員後、55年国展初入選。日向裕に師事。58年フォルム画廊(東京銀座)での初個展に始まり数々の個展を開催。68年国画会会員(国展審査員)に推挙。栗林洋画研究所を開設。70年長野県展審査員。79年信州美術会副会長。81年長野県展運営委員長(信州美術会会長代行)。03年国展審査長。また、74年現代日本洋画精鋭作家賞。95年終戦50周年記念パリ芸術祭グランプリ。97年国際芸術文化賞。マレ芸術褒賞。04年旭日芸術大賞。07年レッドリボン芸術大賞と数々の賞を受賞。98年及び03年には紺綬褒章を受章。国画会会員、国展審査員、長野県展審査員、信州美術会副会長を歴任。栗林洋画研究所を主宰。2016年歿。享年91歳。  

 栗林孝之(くりばやし たかゆき) 【グラフィック・デザイン】  
   

 小林紀晴(こばやし きせい) 【写真】   
   

島岡達三(しまおか たつぞう) 【陶芸】 
1919年東京に生まれる。東京工業大学窯業学科卒。在学中より民芸の父と呼ばれる濱田庄司に師事。栃木県窯業指導所勤務を経て53年益子に築窯、作家活動に入る。62年日本民藝館新作展で日本民藝館賞受賞。国内のみならず、カナダ、アメリカ、ドイツ、イギリス等で個展を開催し、大学等で講義を行い、日本の民芸を世界に広げた。80年栃木県文化功労賞受賞、94年日本陶磁協会賞金賞受賞。朝鮮半島で花開いた象嵌に縄文技法を融合させた「縄文象嵌」を確立し、96年人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定される。07年歿。享年88歳。  

谷本清光(たにもと せいこう) 【絵画】 
1936年東京に生まれる。東京学芸大学卒業。1989年小海町芸術家展他展覧会多数。現在、アトリエ清光主宰、創舎展顧問、学芸大学附属世田谷小学校PTA美術部講師、青山会顧問、詩彩展代表、長野県小海町在住。  

 弦田英太郎(つるた えいたろう) 【絵画】  
   

 東城信之介(とうじょう しんのすけ) 【絵画・彫刻・インスタレーション 他】 
   

 広川泰士(ひろかわ たいし) 【写真】 
   

宮田三郎(みやた さぶろう) 【版画】  
   

柳沢正人(やなぎさわ まさと) 【絵画】  
   

山極満博(やまぎわ みつひろ) 【絵画・彫刻・インスタレーション 他】 
   

油井正次(ゆい まさじ) 【絵画・版画】   
   

 横井照子(よこい てるこ) 【絵画】
   

 Yoshimi Hayashi (ヨシミ ハヤシ)
   

Bernard Thomas (ベルナード・トマ)
   

 Dean Ramos (ディーン・ラモス)
   

伊勢型紙 
   

SPレコード 
 当館が収蔵するSPレコードは、小海町松原湖高原別荘地在住の、宮昭雄氏が小海町に寄贈された作品を平成9年7月の当館の開館に合わせ、1年をかけて清掃・整理したものです。
このコレクションは、第二次世界大戦以前に日本で発売されたクラッシックを中心として、その作品数は370枚を越え、レコード枚数は1,100枚に及びます。
往年の名演奏家、伝説となった巨匠の作品、また、今やCDで聴くことが不可能になった音源や世界中のコレクターが探し求めているレコード等、貴重なレコードが数多くあります。現代のチェロ奏法を確立したといわれるパブロ・カザルスの出世作バッハ「無伴奏チェロ組曲」、録音が少ない伝説のヴァイオリン奏者エフレム・ジンバリストのブラームス「ヴァイオリン・ソナタ」など、室内楽の代表作が網羅され、また、ベートーヴェンの交響曲は、メンゲルベルク、ワインガルトナー、ワルターなどの名指揮者で全9作あり、シューベルト「美しき水車小屋の娘」は、戦前のドイツの名バリトン歌手ゲルハルト・ヒュッシュが歌っています。その他にも音楽史上欠くことのできない演奏家たちの録音が見つかりました。常に聴かれ続けなければならない名演奏がここにあります。
音楽がレコード芸術としての分野で花開いた頃、レコードは宝物でした。時代の薫り溢れる貴重なSPレコードを資料性の高い印刷物も含めて、ただ収蔵・保管するだけでなく、皆様と共に音を聴き、歴史を検証する作業を続けて参ります。