介護保険制度の仕組み

本格的な高齢化社会を迎えて「寝たきりになったらどうしよう」「認知症になったらどうしよう」という老後の不安を解消するために、家族だけでなく社会全体で高齢者の介護を支えていこうというのが介護保険制度です。

制度の運営主体(保険者)は各市町村で、保険の運営は国、都道府県、市町村の公費と保険料でまかなわれます。

市町村に住所を有する人のうち、40歳以上の人が被保険者となり、年齢によって第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40歳~64歳)に分かれます。

介護保険者からサービスを受けるためには、介護認定を受けることが必要です。介護の手のかかり具合に応じてサービスを受ける額(介護の状態の区分)が決定されます。

サービスは、在宅サービスと施設サービスに大別され、利用者負担は1割です。利用者は各サービスについて事業者と契約を結ぶことになります。

在宅で利用できるサービスの種類

このサービスは、「要介護」又は「要支援」に認定された方が利用できます。

サービスの種類サービスの内容等
家庭に来てもらうサービス訪問介護(ホームヘルプ)
  • ホームヘルパーによる日常生活支援
  • 身体介護・食事、入浴、排泄、衣服の着脱や体位交換、洗髪、身体の清拭、通院の付添など
  • 家事援助・炊事、洗濯、掃除、買物など
訪問入浴
  • 簡易浴槽を家に持ち込んでの入浴
訪問介護
  • 看護婦等による医療的処置、療養上の介助
  • 血圧脈拍などの病状の観察、床ずれの予防や処置、医療機器などの管理や医療処置など
訪問リハビリテーション
  • 理学療法士や作業療法士などのよる心身機能の維持回復、日常生活の自立のための機能訓練
療養管理指導
  • 医師、薬剤師などによる療養上の管理や指導
日帰りで施設に通うサービス通所介護(デイサービス)
  • デイサービスでの送迎、食事、入浴、日常動作訓練、レクリエーションなど
通所リハビリテーション(デイケア)
  • 老人保健施設、病院などの送迎、食事、入浴、機能回復訓練、レクリエーションなど
施設へ短期間滞在するサービス福祉施設のショートステイ
  • 介護老人福祉施設への短期入所
  • 食事、入浴、排泄などの介護、機能訓練など
医療施設のショーチステイ
  • 介護老人保健施設や療養型医療施設への短期入所
  • 食事、入浴、排泄などの看護、医学的管理下での介護、機能訓練など
福祉用具の貸与・購入や住宅改修福祉用具の貸与
  • 特殊寝台、車椅子、歩行器などの貸与
特定福祉用具購入費の支援
  • 腰掛便座、特殊尿器、入浴補助用具、簡易浴槽などの購入費の支援
住宅改修の支援
  • 手すりの取付け、床の段差解消、滑り止め、様式便器への取替えなど比較的小規模な改修の支援

在宅で利用できるサービスの種類

このサービスは「要介護」に認定された人が利用できます。

施設の種類サービスの内容
介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
常に介護は必要で、家での生活が困難な場合に入所。入浴排泄などの介助、機能回復、健康管理など
介護老人保健施設
(老人保健施設)
病状が安定し、入院治療の必要はないが、看護、医学的管理下での介護が必要な場合に入所。日常生活上の世話など。
介護療養型医療施設
(療養型病床群、老人性痴呆疾患療養病棟)
長期にわたって療養が必要な場合に入院。療養上の管理、看護、機能訓練など

認定申請の手続き

介護保険にサービスを利用するには、「要介護・要支援認定申請」が必要です。申請に当たってはかかりつけの医者か、町の在宅介護支援センターの保健師にご相談ください。

申請手続きの手順

  1. 申請
    本人または家族ですが、指定介護支援事業者、介護保険施設は手続きを代行することができます。
  2. 訪問審査
    申請を受け調査員が自宅などに訪問し、人身の状況を調査し、主治医の意見書の作成を依頼します。
  3. 認定審査会
    調査票、医師の意見書を基に、医師、看護師、保険師など福祉の専門化による認定審査会で介護の必要度を審査・判定します。
  4. 認定結果通知
    認定審査会の判定を受け、申請から30日以内に結果を通知します。
    (1)「要支援」の場合
    介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、居宅での介護サービスの利用ができます。
    (2)「要介護」の場合
    介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、居宅での介護サービスの利用や施設入所の申し込みができます。
    (3)「自立」の場合
    介護保険のサービスは受けられませんが、一般の保健福祉サービスを利用できる場合がありますので、在宅介護支援センターへご相談ください。

サービス利用の手続き

在宅サービスを利用する場合の手順

  1. 介護サービス計画作成(ケアプラン)
    この計画は自分で作成することもできますが、介護事業者には介護支援専門員(ケアマネージャー)がおりますので事業者に作成を依頼することをお勧めします。ケアプランの作成には費用はかかりません。
  2. 業者への申込み・契約
  3. 在宅サービスの利用

施設への入所・入院を希望する場合の手順

  1. 施設の選択
    自分で直接施設に申し込むこともできますが、介護の状態や施設の利用状況等の課題がありますので、ケアマネージャーや在宅介護支援センターの保健師にご相談ください。
  2. 業者への申込み・契約
  3. 施設への入所・入院

サービスを利用したときの負担

要介護度訪問通所サービスの限度額

利用者負担額(限度額利用の場合)

要支援149,700円4,970円
要支援2104,000円10,400円
要介護1165,800円16,580円
要介護2194,800円19,480円
要介護3267,500円26,750円
要介護4306,000円30,600円
要介護5358,300円35,830円

施設サービスの費用の目安

要介護度介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
介護老人保健施設
(老人保健施設)
介護療養型医療施設
(指定病院)
要支援要支援の方は利用できません。
要介護1189,000円243,900円238,200円
要介護2209,700円258,600円211,200円
要介護3231,000円274,500円342,600円
要介護4251,700円290,700円372,900円
要介護5272,100円306,600円400,200円