□  マイナンバーとは

マイナンバーは、国民一人ひとりにひとつの番号を付して、複数の機関に存在する個人情報が同一人の情報であることを確認することによって、社会保障、税、災害対策で効率的に活用されることになります。

所得や行政サービスの受給状態を把握し、負担を不当に免れることの防止や、添付書類の削減等の手続きの簡素化、行政機関や地方公共団体における情報の照合などによる行政の効率化など、国民の利便性を高め、公平で公正な社会を実現するための社会基盤となります。

 

□  通知カードとは

平成27年10月以降、住民登録されている全ての方に個人番号(マイナンバー)が記載された「通知カード」が世帯ごとに簡易書留で送付されます。

・「通知カード」は紙製のカードです。

・「通知カード」には、顔写真がありませんので、本人確認の際には、別途運転免許証などの顔写真の入った本人確認書類が必要となります。

*マイナンバーは、国の行政機関や地方公共団体などで、年金や雇用保険、医療保険の手続、生活保護や児童手当などの福祉の給付、確定申告などの税の手続といった法律に定められた事務に使用されますので、「通知カード」は紛失しないよう大切に保管してください。

<通知カードのイメージ>

mihon1.jpgminoh2-2.jpg

 

□  個人番号カード(マイナンバーカード)とは

個人番号(マイナンバー)を記載した書類を提出する場合、個人番号が正しいことを確認するための書類の提出を求められることがあります。10月以降に送付される「通知カード」だけでは、法律上義務付けられている本人確認書類とはならず、運転免許証など顔写真つきの書類が必要となります。個人番号カード(マイナンバーカード)は、顔写真があるので本人確認が1枚で完了します。

・個人番号カードは、通知カードでマイナンバーが通知された後に市町村に申請すると、平成28年1月以降に交付を受けることができます。(初回の交付は無料です。)

・個人番号カードには、表面:氏名・住所・生年月日・性別・本人の写真を記載

裏面:マイナンバーが記載され、ICチップが登載されています。

*なお、ICチップには、券面に記載された 氏名・住所・生年月日・性別・マイナンバー及び電子申請用の電子証明書のみが記録され、機微な個人情報は記録されていません。

<個人番号カードのイメージ>

mihon3.pngminhon4.png

 

□  個人番号カード(マイナンバーカード)取得

10月以降に通知される通知カードには、「個人番号カード交付申請書」が同封されています。

この申請書に必要事項を記載し、顔写真を添付して返信用封筒で申請してください。

・顔写真は正面を向いた無背景なものとしてください。

・個人番号カードの交付は、平成28年1月以降、カードが作成され次第、役場から交付の時期を指定した交付通知が送付されます。

・個人番号カードの交付は役場で行います。交付に際しては、交付通知書、通知カード、本人確認書類、住民基本台帳カード(カードをお持ちの方)を必ずご持参ください。

 

□  マイナンバー制度導入後の住民基本台帳カード

住民基本台帳カードは平成27年12月31日もちまして、新規交付、再交付及び更新が終了したので、電子証明等必要な方はマイナンバーカード(個人番号カード)を申請してください。

 

 

マイナンバーに関するお問合せ

◆コールセンター(総務省) 0570-20-0178(日本語対応)

 0570-20-0291(外国語対応)

◆マイナンバー制度に関するホームページ(内閣官房)

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

 

 このページに関するお問合せ

総務課 窓口係

電話 0267-92-2525

FAX   0267-92-4335