小海町議会 議会音声インターネット配信

平成30年第2回定例会

(音声再生のため、ブラウザーは最新のバージョンを使用してください。IE9以上)

No通告者質問事項質問の要旨
1

新津孝徳

1.農業について

①新町長の基本的な考え方。

2.商工業、観光について
(8:47頃~)

①土村・馬流を主とした商店街の活性化をどうするか。
②観光発展への取り組みは。

3.人口維持について
(14:03頃~)

①減少する人口にどう対処するか。

4.EV化する車社会への対応について
(16:55頃~)

①電気スタンドの新増設設置について調査研究を。

2

渡辺 均

1.中長期の町づくりについて

①町の活性化にどのように取り組むか。
②柱の事業は何か。
③長期振興計画の取り扱い・取り組み方。

2.当面の取り組みについて
(9:44頃~)

①町営4事業の収支改善について。
②産業振興について。
③小中高一貫教育と小海高校支援。

3.是非取り上げて頂きたい案件について
(26:09頃~)

①予算執行の手段・方法の再考(PDCA)の実施。
②ボランティア支援(人材育成)と自立への取り組み。
③戦略的な交通ネットワークの整備。
④情報戦略の重用-交通案内の充実。

3

古谷恒晴

1.「行政は最大のサービス業である」と考えておられる具体的施策について
 

①役場裏口に看板設置、産業建設課の窓口でカウンターに向けての机の配置等、住民に向けての意気込みが見られるが評価は如何かと。
また、ラジオ体操の賛否は等。

2.「新しい施策をプラスしていきたい」と考えておられるようですが抱負は?
(7:56頃~)

3.学校給食費について
(15:18頃~)

①近年は「子ども食堂」が全国で2000箇所にもおよび、貧困問題がクローズアップされています。その一つとして学校給食費について、小海町の対応について。

4

篠原伸男

1.地域資源の活用について

①人材活用について。
②自然活用について

5

小池捨吉

1.視察研修結果の活用について

①水車発電及び太陽光発電+風車発電について。
②都留市、北杜市、青木村等参考に小海町としては。

2.長期振興計画について
(12:50頃~)

①絵に描いた餅にならない計画の策定。
②計画の骨子について。
③コンサルに頼らないアンケートの作成。
④町民アンケートについて。
⑤課題提起
 (人口だったら10年間の推移表)
 各種団体の意見について。
 長期振興計画審議会委員(議員の増員)

6

鷹野弥洲年

1.集落支援事業について

①事業に対する基本的な姿勢は。

7

井出幸実

1.高齢化社会における町の対応について

①道普請、水路普請、地区ごとに行なっているが年々高齢化が進んで大変になってきている。町道だけでも町で対応できないか。
②高齢者のドライバーの駐車場での接触事故が増えている(特に八峰の湯)。高齢者の安全対策を考えた二重線の余裕のある駐車スペースを確保できないか。
③介護職員の充実を図って社協等ヘルパーによる買い物、生活支援サービスを町独自で細かい部分まで援助できないか。

8

篠原義従

1.観光協会長でありました今までの総括をお聞きしたい

2.企業誘致の具体的な考えは
(7:35頃~)

3.新規事業者への支援、小規模企業の育成を積極的に取り入れる政策を
(9:53頃~)

9

的埜美香子

1.施政方針から
「挑戦」「新鮮」「実行」をキーワードにどのように元気な町づくりを進めるか

①「挑戦」を応援する支援金の創設とあるが、具体的には。
②新規就農支援について。
③町民目線の行政推進を目指して「まちづくり委員会」を立ち上げシステムを構築していくとあるが。
④町長の考える特色ある町とは。

10

井出 薫

1.施政方針から

2.住民の福祉の増進とは
(15:35頃~)

①地方自治法第1条に、地方公共団体は、住民の福祉の増進を図ることを基本としている、町長の考える「住民福祉の増進」とは。

3.多くの町民の皆さんが、町の人口が減っていることに不安を持っているが
(31:54頃~)

①町の人口減の原因をどのように考えているのか。