小海町議会 議会音声インターネット配信

平成27年第3回定例会

(音声再生のため、ブラウザーは最新のバージョンを使用してください。IE9以上)

No 通告者 質問事項 質問の要旨
1

有坂辰六

1.地方創生による地方版 総合戦略について

① 中山間地における小さな拠点づくりは。
② コミュニティーバス導入と交通体系整備は。
③ 地方版総合戦略への取り組みと現況は。

2.ふるさと教育における 食育支援について
(22:42頃~)

① 学校給食でふるさと教育はできな いか。
② 郷土料理への食材費支援はできな いか。

2

新津孝徳

1. 町営グラウンドの使用 状況について

① 今年度の使用状況について。
② 利用に付随しての経済効果は。
③ 広範にわたる使用申し込みへの 対応について。

2. 北牧楽集館オープンに 向けて
(14:50頃~)

① 最大の運営目標は何か。
② 運営経費の予定は。
③ 利用状況に合った対応を。
3

篠原憲雄

1.いじめSOSなぜ生かされぬ教育現場について

① 町においていじめはないか。
② 岩手県の様な事例をどの様に思うか、見解を。

2.地方創生計画に向けて
(04:14頃~)

① 商店街活性化商品券販売枚数の増額を。
② プレミアム分の増額を。
③ 人口増対策として、出産祝い金を 一人目100万円、二人目100万円、 三人目150万円を支給し、来年度の 地方創生計画に反映を。

4

土橋勝一

1. 国民健康保険税について慎

① 27年度増税しなければならなかっ た理由、資産割が53%と高い理由。
② 国保会計に一般会計よりお金を 繰り出すか、一定金額基金として 出す事はできないか。
③ 滞納金が入れば足りるのに、払っている人の金額を上げて帳尻を合わせ ているのではないか。 滞納分を考慮して予算を立てている のではないか。

2.小海線について
(19:58頃~)

① 小海線の存続と小海線の名称を 残す為どの様な対策を取っている のか。
② 小海町は小海線のアピールをどの 様にしているのか。
③ 小海駅の2階をどの様に利用する のか。


5

鷹野弥洲年

1.町からの人口流出問題 について

① 人口流出防止の具体的な施策は 執られてきたか。
② 奨学金貸与制度の利用状況は。
(1)貸与実人数、5年間の年度末貸与者数
(2)27年3月末の総貸与金額
(3)27年3月末の返済不履行の実人数と 金額
(4)過去3年間の年度末における貸与 終了者(卒業者)が小海町に戻って 来て居住している数
③ 奨学金制度利用者が大学等を卒業 後、小海町に居住し、町及び隣接 市町村に就労する者の奨学金返済を 減免措置する制度の創設はできないか。

6

篠原伸男

1.仮称「北牧学習館」の 活用と社会教育の振興に ついて

① 図書館以外にこの施設をどの様に 活用するのか。

7

的埜美香子

1.マイナンバーで管理 される個人情報はどこまでか

 

2. 情報漏えいの対策は
(11:38頃~)

 

3.小学校統合から3年が経過し、4年目となるが
(27:40頃~)

① 環境整備は。
② 学級編成は。

8

井出薫

1.地方創生について
6月議会から
(46:56頃~)

① 「インターネット等で海士町(島根県)・西粟倉村(岡山県)の現状を見させていただきたいと思います。」と答えられたが。

2.海士町から

 

3.西粟倉村から
(33:56頃~)

 

9

篠原恒一

1.奨学金の運用について

① 現状の運用実態は。 (平成26年度末時点)
② 貸与の基準は。月額又は年額。 (高校、専門学校、短大、大学別)
③ 将来に向けての運用について。 (提案)

2.人口減少対策として、 定住に向けて (20歳台~30歳代)  男・女独身者向けの町営 住宅の建設について
(07:54頃~)

① 町内外を問わず、町に永住を希望する独身者(将来結婚して永住したい)  男・女専用の住宅の建設はできないか。(提案)