子宮頸がん予防ワクチンについては、平成25年4月から定期予防接種として行われてきましたが、平成25年6月14日厚生労働省における検討部会において当面の間(国の判断が示されるまで)、積極的な接種の勧奨を差し控えることとされました。

※子宮頸がん予防ワクチン接種については、定期接種を中止するものではないので、対象者のうち希望者は接種を受けることができます。接種を受ける場合は、子宮頸がん予防ワクチンの有効性及び安全性やリスクについて十分理解したうえで受けてください。

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ