ハイビジョン静止画番組制作・デジタルアーカイヴ
当館では、ハイビジョン静止画番組の制作と制作支援を行っています。地域文化デジタル化推進協議会主催の全国地域映像コンクールでは、数々の賞を受賞しています。
また、開館以来、小海町の2つの小学校の生徒の絵画をデジタル化し、ハイビジョン静止画番組「小海町の小さな画家たち」として制作、上映、保存しています。
トピックス
2008年の第6回全国地域映像コンクールにて「自然が僕らの遊び場」(制作:スペース・ユイ 油井和幸氏、協力:小海町高原美術館)が地域文化デジタル化推進協議会会長賞を受賞しました。2年連続の受賞です。
作品は下記の地域文化デジタル化推進協議会のサイトでご覧いただけます。
http://www.digital-museum.gr.jp/
2008年10月3日・4日に第7回デジタルソフト講習会が小海町で開催されました。詳しくは下記地域文化デジタル化推進協議会のサイト内の会報第100号をご覧下さい。
http://www.digital-museum.gr.jp/
2007年の第5回全国地域映像コンクールにて「小海の小さなアーティストたち」(制作:スペース・ユイ 油井和幸氏、協力:小海町高原美術館)が優秀賞を受賞しました。
2006年の第4回全国地域映像コンクールにて「自然色事典」(制作:WONDER BOX 井出勝彦氏、協力:小海町高原美術館)地域文化デジタル化推進協議会長を受賞しました。
2006年10月5日・6日に第5回東日本地区手づくりソフト講習会が小海町で開催されました。
2005年の第3回全国地域映像コンクール手づくりソフトの部にて「大型らんたんに挑戦」(制作:工房あらい(代表:新井公男氏)、協力:小海町高原美術館)が奨励賞を受賞しました。2年連続の受賞です。
2004年の第2回全国地域映像コンクール手づくりソフトの部にて「日本の伝統 色・模様・太鼓」(制作:工房あらい(代表:新井公男氏)、協力:小海町雲海太鼓、小海町高原美術館)が審査員特別賞を受賞しました。
2003年10月21日・22日に第2回東日本地区「手づくりソフト講習会」が当館で開催されました。
2003年6月13日に東京で行われた第1回全国地域映像コンクールにて「プティリッツア物語〜ゴミと食べ物編2002〜」(企画・制作:こうみ塾、協力:小海町高原美術館)が総務大臣賞を受賞しました。
2003年5月3日・4日にハイビジョン上映会を開催しました。
2002年10月24・25日に山形県尾花沢市で行われた「第1回東日本地区地域映像コンクール」に「プティリッツア物語〜ゴミと食べ物編2002〜」(企画・制作:こうみ塾、協力:小海町高原美術館)を出品。優秀作品に選ばれ、全国地域映像コンクールに出品することになりました。
「アートとあそぼう」が全国ハイビジョン手づくりソフトコンクールで奨励賞を受賞しました
当館の活動がNHKBSデジタルハイビジョン開局記念特別番組で紹介されました
オリジナル番組

小海の小さなアーティストたち(スペース・ユイ 油井和幸氏制作)(優秀賞受賞)

自然色事典(WONDER BOX 井出勝彦氏制作)(地域文化デジタル化推進協議会長賞受賞)
大型らんたんに挑戦(工房あらい(代表:新井公男氏)制作)(奨励賞受賞)
日本の伝統 色・模様・太鼓」(工房あらい(代表:新井公男氏)制作)(審査員特別賞受賞)
プティリッツア物語〜ゴミと食べ物編2002〜(こうみ塾制作)(総務大臣賞受賞)
アートとあそぼう (奨励賞受賞)
プティリッツア物語〜TVARJANKA〜(こうみ塾制作)
ブルーノ・ムナーリ「暗い夜に」
ブルーノ・ムナーリ「ミラノの霧の中で」
プティリッツア物語〜山あいの小さな町の嘘のようなホントの話〜(こうみ塾制作) (優秀賞受賞)
丸山晩霞展〜原風景を追い求めて〜
弦田英太郎−京舞妓−
書の伝統と創造 比田井天来と南谷・欧米の絵画
赤い地平線〜栗林今朝男の願い〜 (岐阜県知事賞受賞)
島岡達三〜その縄文象嵌の世界〜
小海町〜四季と行事〜
ピカソ〜その版画の世界〜
小海町の小さな画家たち