ハイビジョンソフト「アートとあそぼう」
企画・制作:小海町高原美術館 協力:財団法人児童育成協会こどもの城
2001年11月2日、岐阜県大垣市情報工房で「全国ハイビジョン手づくりソフトフェスタ2001」が開催されました。
そのなかで行われた「第9回全国ハイビジョン手づくりソフトコンクール」において、全国から出品された24作品の中から7作品が受賞し、当館が出品した「アートとあそぼう」が奨励賞をいただきました。
「アートとあそぼう」は、「ブルーノ・ムナーリ展」にあわせ開催したワークショップで、ムナーリが考案し、財団法人児童育成協会こどもの城のご協力で開催したものです。
本ソフトは、ワークショップ「アートとあそぼう」のプログラムの中から「直接の映写」を小海町の小学生が体験した模様を中心に構成したもので、出来上がった作品をハイビジョン展覧会と称し紹介しています。
審査委員からは、ハイビジョンの可能性を広げたものとの講評をいただきました。

審査委員長 情報科学芸術大学院大学教授
都築政昭氏の挨拶
審査委員 世田谷文化生活情報センター館長、前NHK解説委員 永井多恵子氏より賞状を受け取る、当館学芸員