比田井天来(ひだい てんらい)
近代書道の開拓者、比田井天来は、明治5年(1872年)長野県北佐久郡協和村(現・望月町)に生まれました。協和小学校卒業後、漢学をおさめ、古碑帖により書を独習し、明治30年に上京、日下部鳴鶴に師事します。書道研鑽の道場「書学院」を建設し書道教育に努め、「大日本書道院」を創立し、書の芸術性を追及します。そして昭和12年初の芸術院会員に選ばれました。

扁額 1897年

最晩年絹本色紙  1938年

条幅 1938年