フィスカルス・デザイン・ヴィレッジ展
2006年 6月11日[日]〜8月20日[日]
休館日、入館料等はご利用案内をご覧下さい

展覧会概要
フィンランドの首都ヘルシンキから西に80km、フィンランド近代産業発祥の地、フィスカルス村。1649年、フィスカルス川の豊富な水量と木炭の材料となる木材を供給する森林に恵まれたこの地に、ハサミ等のメーカーとして世界的に知られるフィスカルス社が誕生します。1977年、フィスカルス社がアメリカに工場を移してから、使われることのない古い工場、空家、19世紀の建造物は過去の遺産になろうとしていましたが、フィスカルス村の豊かな自然環境と文化的遺産と伝統はデザイナー、アーティスト、職人達をひきつけ、1994年には合同作品展が開催され、質の高い「デザインによる村おこし」として高い評価を得ます。1996年には、それぞれの分野のプロであることがメンバーの条件となる共同組合が設立され、この小さな村は、世界に向けて、活動を広げています。
本展では、フィスカルスで活躍する、デザイナーやアーティスト34名の作品約120点を展示します。作品は、インテリア、プロダクト、テキスタイルから、彫刻、絵画まで、様々な分野に及びます。それぞれの分野のプロフェッショナルの集合体がフィスカルスの特徴でもあるのです。あわせて、フィスカルスの再生プロセス、フィスカル社の企業ストーリー等をパネル展示します。フィンランドの優れたデザインの紹介のみならず、デザインによる村おこしまでを視野にいれた、かつてない展覧会です。


展示作品の一部

ギャラリートーク  (終了しました
日時/6月25日(日)14:00〜16:00
場所/小海町高美術館
講師/島崎信氏[武蔵野美術大学名誉教授]
料金/入館料が必要です

主催:小海町高原美術館、フィスカルス・デザイン・ヴィレッジ展実行委員会
共催:日本フィンランドデザイン協会

後援:フィンランド大使館、北欧建築・デザイン協会
助成:フィンランド文部省、スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団
企画・監修:
島崎信(武蔵野美術大学名誉教授)
アンティ・シルタヴオリAntti Siltavuori
(デザイナー、フィスカルス・デザイン・ヴィレッジ・メンバー)
バルブロ・クルヴィク Barbro Kulvik
(デザイナー、フィスカルス・デザイン・ヴィレッジ・メンバー)



フィスカルス地図