休館日:火曜日(8月2日・9日は開館)
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

開催場所:小海町高原美術館
入館料:高校生以上500円、小中学生150円


主催:小海町高原美術館
後援:長野県、長野県教育委員会、信濃毎日新聞社、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、
FM長野、八ヶ岳ミュージアム・リング
企画協力:津和野町立安野光雅美術館

小海町高原美術館では、小海町制施行60周年を記念し、「安野光雅の世界 野の花と信州風景そして不思議な絵」を開催します。
安野光雅は1926年、島根県津和野町に生まれました。子どもの頃より画家への夢を抱き、上京し美術教員のかたわら、本の装丁などを手掛けます。1968年、絵本「ふしぎなえ」で絵本界にデビュー。その後、淡い色調の水彩画で、やさしい雰囲気漂う作品を数多く発表します。また、美術の世界だけにとどまらず、科学・数学・文学などに造詣が深く、その好奇心と想像力の豊かさで次々と独創性に富んだ作品を発表し、国際アンデルセン賞(1984年)等数々の賞を受賞、2012年に文化功労者に選出されました。
本展では、「野の花と小人たち」「皇后美智子さまのうた」「澤地久枝コレクション」より野の花を主題とした作品、安曇野を描いた風景画、「空想工房の絵本」から不思議な絵を紹介します。
安野光雅の豊かで心安らぐ、そして不思議な世界をご覧下さい。


関連プログラム

◎オープニング・レセプション&ギャラリー・トーク
6月18日[土] 14:00〜15:30
入館料が別途必要です。申込不要
ギャラリー・トーク講師:廣石修氏(津和野町立安野光雅美術館 学芸専門員)

◎パブロ・カザルスSPレコードコンサート
6月26日(日)14:00〜16:00(開場13:30)
安野氏が愛するパブロ・カザルスを当館所蔵のSPレコードで鑑賞します。
無料、申込不要
講師:竹田勲氏

◎講演会「安野光雅の世界」
8月6日[土] 14:00〜15:30(開場13:30)
無料、申込不要、定員50名(先着順)
講師:大矢鞆音氏(津和野町立安野光雅美術館 館長)

出品作品(一部)