休館日:火曜日(9月23日は開館)、祝日の翌日(9月24日)
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
開催場所:小海町高原美術館
入館料:高校生以上500円、小中学生150円

主催:小海町高原美術館

後援:長野県、長野県教育委員会、信濃毎日新聞社、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送
FM長野、八ヶ岳ミュージアム・リング

小海町高原美術館では複数の同時代のアーティストを紹介する展覧会を開催いたします。同時代のアーティストの活動を展観するシリーズ「現代アートシーン」の第6回目となる本展は、「記憶の地層」をテーマに、国内外で活躍する3名のアーティストを紹介します。美術は記憶を呼び覚まし、「かたち」として私たちの前に提示する力を持っています。アーティストの記憶、「モノ」の記憶、場所の記憶、そして私たちの記憶。それらの記憶は様々な構造で堆積し、まるで地層のように積み重なっていると言えるでしょう。
齋藤春佳は、自身の記憶を、時間と空間を超えた壮大な構造の中で捉え、多彩な表現で追求しています。戸矢崎満雄は長年に渡り蒐集した他者の記憶が宿る既製品を用い、当館固有の場所から生まれる未知の作品を発表します。六田知弘は東日本大震災の記憶が堆積した「モノ」の声を「時のイコン」と名付けた写真を通して聴かせてくれます。
本展を通じ、「記憶の地層」に向き合うことで、過去あるいは自分自身と向き合い、未来を考えるきっかけを得ていただけたら幸いです。


◎オープニング・レセプション、アーティスト・トーク 終了しました
96[] 15:0016:30

アーティスト・トーク講師:齋藤春佳氏、戸矢崎満雄氏、六田知弘氏

出品作家略歴(50音順)

1988 長野県に生まれる
2011  多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
2012 『トーキョーワンダーウォール2011都庁
    「宝石と眼球が地
中で出会ってもまっくら」』東京都庁(東京)
    『TWS-Emerging2012「思い出せる光景と思い出せない光景を見た地球から
     見える星も見えない星も公転しあっ
ている、地球含め」』
     トーキョーワンダーサイト本郷(東京)

2013 『たおれた花器の水面下ではもう一度同じ花が水を吸い上げている』
     実家
JIKKA(東京)
       4月〜143月まで信濃毎日新聞「歌壇俳壇」コーナー挿絵担当
2014年 『第2回「メタモルフォーシス」展』ギャラリー82(長野)

1955年 長野県千曲市に生まれる
1981 東京芸術大学大学院 美術研究科染織専攻 修了
1998 “Mud And Roses North Dakota Museum of Art,U.S.A
2000 「アートで学ぼう アートを遊ぼう」広島市現代美術館
2002 「未知との再会」渋川市美術館
2008 Cloth & Culture NOWSainsbury Centre,Norwich,Manchester,UK
2010  神戸ビエンナーレ「高架下アートプロジェクト」奨励賞受賞
2013年 瀬戸内国際芸術祭2013「沙弥島アートプロジェクト」ディレクター
 現在 神戸芸術工科大学 クラフト美術学科 大学院総合アート専攻主任 教授

1956年 奈良県に生まれる
1980 早稲田大学教育学部卒業
1982年よりネパールヒマラヤ山中のシェルパの村に暮らして撮影。
1988年、最初の個展「ひかりの素足―シェルパ」を開催。
以降、「自然や宇宙との根源的なつながり」を遠くに探りながら、
モノ、人物、風景、建築、道、石など様々な事象を対象に撮影し、
写真展や出版を通じて発表する。

2007 「祈りの中世ロマネスク美術写真展」国立西洋美術館(東京)
2008 中国三大石窟のひとつ「雲岡石窟」の全容を撮影。
2014 「蓮―清らかな東アジアのやきもの×写真家・六田知弘の眼」
大阪市立東洋陶磁美術館(大阪)


1. 齋藤春佳「水面下の水面ではもう一度同じ花が水を吸い上げている」、2013年
130.3×194cm、油彩・キャンバス
2. 齋藤春佳「たおれた花器の水面下ではもう一度同じ花が水を吸い上げている」、2013年
ミクストメディア、サイズ可変

3.戸矢崎満雄「銀の雨・金の環」、2011年
神戸ビエンナーレ2011 高架下アートプロジェクト
撮影:矢野誠
4.戸矢崎満雄「フィギア盆栽シリーズ」、2013年
楽空間 祇をん小西(京都)
撮影:矢野誠

5.六田知弘「2012.7.24 宮城県石巻市」、写真
6.六田知弘「2012.11.10 福島県相馬市」、写真