休館日:火曜日
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
開催場所:小海町高原美術館
入館料:高校生以上500円、小中学生150円

主催:小海町高原美術館
後援:長野県、長野県教育委員会、信濃毎日新聞社、SBC信越放送、NBS長野放送
TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、FM長野
協力:CoMix Wave Films

新海誠氏のサイトはこちら→ http://shinkaimakoto.jp/

新海誠は、1973年、長野県小海町に生まれ、中央大学文学部国文学専攻を卒業、5年間のゲーム開発会社勤務を経てアニメーション監督として制作を始めます。2002年、たったひとりで作り上げた自主制作アニメーション「ほしのこえ」で第6回文化庁メディア芸術祭「特別賞」、2005年、「雲のむこう、約束の場所」で毎日映画コンクール・アニメーション映画賞、2007年、「秒速5センチメートル」でアジアパシフィック映画祭最優秀アニメ賞他、数々の賞を受賞し、現在、アニメーション監督、映像作家として国内外で活躍を続けています。
2008年、当館で開催した展覧会「響きあう・多様な表現−小海ゆかりのアーティスト−」では「秒速5センチメートル」と小海町が舞台となった信濃毎日新聞のCMを中心に展覧しました。カタログに寄せられた文章には、「小海を離れてからもう久しいけれど、自分の五感がこの町で育まれたことを実感することが今でも時々あって、自分でも驚くことがある。たとえば僕は今現在たまたまロンドンに滞在しているのだけれど、ある日の雨上がりの午後、突然に「この空気は小海と同じだ」と感じたことがあって、それだけで自動的に幸せな気持ちになってしまった。一瞬だけ、まるで夢の時間にいるような甘い全能感が体に満ちた。」と「小海の感覚」に触れ、その感覚が小海を直接描いたCM以外からも滲み出ているのではないかと語っています。
本展では、デビュー作から最新作まで、制作の根底にある「感覚」と美しい映像表現から生まれる新海誠のアニメーション作品を、多彩な資料で紹介します。


作品上映時間のご案内
タイトル 上映開始時刻(上映時間)
星を追う子ども 10:00(116分)
秒速5センチメートル 12:30(63分)
雲のむこう、約束の場所 14:00(91分)
ほしのこえ 15:45(25分)
彼女と彼女の猫 16:20(5分)
映画鑑賞は無料です。受付にお申し出下さい。(展覧会は入館料が必要です。)

出品作品
「ほしのこえ」 2002年 (c)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
「空のむこう、約束の場所」 2004年 (c)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
「秒速5センチメートル」 2007年 (c)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
「星を追う子ども」 2011年 (c)Makoto Shinkai/CMMMY
「信濃毎日新聞CM」 2007年 (c)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films/信濃毎日新聞社

関連行事
9月15日(土)15:00〜16:30 新海誠展オープニング・レセプション&アーティスト・トーク(終了しました)
新海誠氏アーティスト・トークの様子(2012年9月15日)