東北支援「チャリティーポスター」展では、多くの皆様のご協力により、111,615円の義援金を被災地へ寄附させていただきました。ありがとうございました。
これからも美術館ができる支援を考え、皆様と続けていこうと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

→義援金の内訳はこちらをご覧下さい。(PDFファイル、新しいウィンドウで開きます。)

チャリティーポスター展紹介映像はこちら→
(制作著作:11-3-11東北支援チャリティーポスター展 実行員会)

会期:2012年3月11日[日]〜3月20日[火]
休館日:3月13日[火]
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
開催場所:小海町高原美術館
入館料:無料
主催:小海町高原美術館
協力:11.3.11−東北支援「チャリティーポスター展」実行委員会、東北電子専門学校


2011年3月11日に発生した大震災は、多くの尊い命やかけがえのない古里までも奪いました。被災地の復興にはまだまだ時間がかかります。小海町高原美術館では、2011年11月26日から今年1月15日まで開催した「見て・触れて・体験して・学んで よくわかるデザイン展」と同時に日本グラフィックデザイナー協会会員有志のご協力のもと、「11.3.11−東北支援「チャリティーポスター展」」を開催し、多くの来場者の東北への支援をいただきました。大震災から1年、更なる東北支援を目的に、同展を発展させ、「11.3.11−東北支援「チャリティーポスター展」−NEXT」を開催いたします。大震災を忘れずに、復興への心の支援を続け、被災地の皆様と例えわずかでも痛みを分かち合っていきたいと思います。ポスターに込められたメッセージを読み取っていただき、東北への支援のご協力をいただければ幸いです。


展示内容

◎「見て・触れて・体験して・学んで よくわかるデザイン展」で展示した日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)会員有志48名62点のポスター作品
◎2011年仙台の東北電子専門学校で開催された「東北・仙台再生みらい展」出品のJAGDA会員14名による40点のポスター作品
◎JAGDA会員の栗林孝之氏のポスター新作5点と「再生」をテーマとしたオブジェ作品12点
※出品デザイナー提供のチャリティー品の販売を行います。売上は全額小海町を通じ被災地へ寄付されます。
 チャリティー品は、A3ポスター300円、ポストカード100円を中心に、Tシャツ、カレンダー、版画作品、掛軸等があります。


出品者(地域別、順不同、敬称略)

北海道:小田啓介
青森:木村正幸
秋田:南澤肇
宮城:相馬茂
福島:本田陽一
茨城:坂本健介/藤代範雄
長野:内堀法孝/友枝康二郎
栃木:吉田正之
東京:荒井智豊子/飯田めぐみ/柏木陽子/佐藤浩/戸田伸二/藤本雄紀/村上ミノル/水谷孝次
    村田星子/U.G.サトー/桑原雅子/斉藤道代/瀧石ゆみ/原沢もも/根子明里/中別府博明
    儘田能光/明松聡
神奈川:秦直樹(子鬼)/栗林孝之/渡辺邦夫
石川:アマヤギドウジュン
愛知:高柳文雄
兵庫:酒井正中/橋本和明
京都:中尾博/松村由紀
奈良:田中秀二
大阪:田渕健一/児島正一/渡辺一郎/渡辺美香子/砂川博茂/藤井清貴/小池誠
広島:納島正弘/川原芳夫
香川:吉岡律子
愛媛:富岡乃美
福岡:竹中俊裕/酒井真理/森重正治/金井ともこ
熊本:大田黒昭彦
長崎:中村圭太/内野美和
沖縄:ウチマヤスヒコ/玉城徳正/中曽根靖/知念仁志/本庄正巳/吉田コマキ