チャリティーポスター展紹介映像はこちら→
(制作著作:11-3-11東北支援チャリティーポスター展 実行員会)

休館日:火曜日、年末年始(12月27日〜2012年1月3日)
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
開催場所:小海町高原美術館
入館料:高校生以上500円、小中学生150円
主催:小海町高原美術館
後援:信濃毎日新聞社、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、FM長野
八ヶ岳ミュージアム・リング、社団法人日本グラフィックデザイナー協会
協力:11.3.11−東北支援「チャリティーポスター展」実行委員会、D39
企画協力:宇都宮美術館


小海町高原美術館では、デザインを扱った展覧会を数多く開催して参りました。このたび、宇都宮美術館のご協力のもと、「見て・触れて・体験して・学んで よくわかるデザイン展〜宇都宮美術館所蔵品による〜」を開催いたします。
現在も生産されている20世紀の名作椅子に座ったり、学習キットを使ってインダストリアル・プロダクトに触れて学ぶなど、この展覧会の趣旨は「体験を通じてデザインを理解すること」にあります。また、館内の展示と関連事業にとどまらず、学校でのワークショップ形式のポスター授業を行い、美術館がポスターに仕上げ、展示する事業、また、現在活躍中の日本のデザイナーによる東北支援チャリティポスターの展示、地域のデザイン活動の紹介等、デザインを通じて、子どもたちをはじめとする、地域との幅広い連携を模索します。デザインとは何か。「よくわかる」楽しいデザイン展です。


関連行事 
◎オープニング・レセプション、ギャラリー・トーク 11月26日[土] 15:00〜17:15
講師:
橋本優子氏(宇都宮美術館主任学芸員)
砂川博茂氏(11.3.11−東北支援「チャリティーポスター展」実行委員長、グラフィックデザイナー)
荻原敬氏(D39さくデ。実行委員長、家具デザイナー)
◎公開授業及びワークショップ(小学生) 12月8日[木] 10:00〜11:30
講師:橋本優子氏(宇都宮美術館主任学芸員)
◎ポスターワークショップ
2011年5月26日/中学生、5月27日/小学生
ワークショップは終了しています。成果を展示します。

いずれも、参加費無料(入館料は別途必要です。)、予約不要。


展示内容

1. 座って・つくって知るインテリア・デザイン ―― 椅子の素材と構造
木の椅子/金属パイプの椅子/布張りの椅子/組み立て式の椅子/カンテイレヴァー構造の椅子/キャスターつきの椅子
アルネ・ヤコブセン/ル・コルビュジエ/ピエール・ジャンヌレ/シャルロット・ペリアン/マルセル・ブロイヤー/エーリヒ・ディークマン/ヘリット・トーマス・リートフェルト/ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ/イェルゲン・ラスムッセン/アントニオ・チッテリオ

2. 使って・くらべて知るプロダクト・デザイン ―― 身近なモノの機能とかたち
食のユニヴァーサル・デザイン/アイデアの源泉を探る/テクノロジーのかたち
ヘルマン・グレッチュ/ヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルト/クリストファー・ドレッサー/ハンス・フォン・クリーア/ピーター・シュラムボーム/ウォルター・ドーウィン・ティーグ シニア/ケム・ウェーバー/マックス・ビル/エットーレ・ソットサス ジュニア/マルチェロ・ニッツォーリ/マリオ・ベリーニ

3. コーナー展示「今から40年前のトレンドは?」
エットーレ・ソットサス ジュニア/伊坂芳太良/倉俣史朗/マイヤ・イソラ

4.小海町の小学生のポスター制作ワークショップの成果

5.地域のデザイン活動
D39

6. 同時開催:11.3.11-東北支援「チャリティーポスター展」
出品者(地域別、順不同)
北海道:小田啓介
秋田:南澤肇
長野:内堀法孝/友枝康二郎
栃木:吉田正之
東京:荒井智豊子/飯田めぐみ/柏木陽子/佐藤浩/戸田伸二/藤本雄紀/村上ミノル/水谷孝次
    村田星子/U.G.サトー/桑原雅子/斉藤道代/瀧石ゆみ/原沢もも/根子明里
茨城:坂本健介
神奈川:秦直樹(子鬼)/栗林孝之
兵庫:酒井正中/橋本和明
京都:中尾博/松村由紀
奈良:田中秀二
大阪:田渕健一/児島正一/渡辺一郎/渡辺美香子/砂川博茂
広島:納島正弘/川原芳夫
香川:吉岡律子
福岡:竹中俊裕/酒井真理/森重正治
熊本:大田黒昭彦
長崎:中村圭太/内野美和
沖縄:ウチマヤスヒコ/玉城徳正/中曽根靖/知念仁志/本庄正巳/吉田コマキ


関連リンク
宇都宮美術館    http://u-moa.jp