休館日:火曜日、祝日の翌日(9月24日[金]、11月4日[木])
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
開催場所:小海町高原美術館
入館料:高校生以上500円、小中学生150円
主催:小海町高原美術館
後援:長野県、長野県教育委員会、信濃毎日新聞社
協賛:空間工房タシブトフクシマ、東京電機大学、ポーラ化成工業(株)


小海町高原美術館では複数の同時代のアーティストを紹介する展覧会を開催いたします。「今」の時代認識とメッセージをもつアーティストの活動を継続的に展観するシリーズ「現代アートシーン」の第4回目となる本展は、「感覚の向こうへ」をテーマに、4組5名のアーティストを紹介します。
私たちは様々な感覚を総合し外界を認知して生きています。たとえば、視覚で捉えたある色は、記憶や推論を通じ何の色なのかが知覚され、他の感覚を動員し、よりリアリティをもった具体的な色として認知されます。美術作品を私たちは様々な感覚を駆使して感じ取っていますが、作品もアーティストの感覚の集積ともいえます。私たちの感覚そして、アーティストの感覚の向こうに広がる世界は、新たな発見を与えてくれることでしょう。
AirPlugは香りをテーマとする井上尚子と、音楽を複数の文脈と共に捉える柴山拓郎のアーティスト・ユニットで、香りと音から広がる空間を生み出しています。末永恵理は、自然の生命力や神秘性を畏敬の念を持って、反復される線と色彩の構成で表現しています。藤原真希子は、生と死の根源的なテーマを、身体感覚を喚起するドローイングやインスタレーションで表現しています。矢島史織は、光と影を柔らかな筆致で描き出し、詩的で幻想的な世界を構築しています。
さあ、感覚を研ぎ澄まし、感覚の向こうへ。


出品作家プロフィール
AirPlug[井上尚子+柴山拓郎]



井上尚子(いのうえ ひさこ)

1974年 横浜生まれ
1997年 女子美術大学絵画科版画専攻卒業
1999年 女子美術大学大学院美術研究科版画専攻修了
2005年 文化庁在外研修員渡米1年間NY在住
横浜市在住

柴山拓郎(しばやま たくろう)

1971年 東京生まれ
1997年 東京音楽大学大学院作曲科修士課程(作曲指揮専攻)修了
2010年 東京芸術大学美術学部美術研究科後期博士課程(先端芸術表現領域)修了
さいたま市在住

「rain Cage」2008年
末永恵理(すえなが えり)


1971年 東京生まれ
1994年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1996年 東京芸術大学大学院壁画科修了
長野県富士見町在住

タイトル未定 2010年
藤原真希子(ふじわら まきこ)


1973年 岩手県生まれ
1996年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2002年 東京芸術大学美術研究科後期博士課程絵画(油画)専攻修了美術博士号取得
文化庁在外研修員 ロンドン・ゴールドスミスカレッジに一年間渡英
東京都在住

「土 外部の耳と内部の耳」2000年
矢島史織(やじま しおり)


1979年 長野県生まれ
2003年 多摩美術大学日本画専攻卒業
2005年 多摩美術大学大学院美術研究科修了
長野県茅野市在住

「One day」2010年

関連行事
オープニング・レセプション:9月18日(土)
  オープニング・セレモニー 15:00〜15:10
  アーティスト・トーク 15:10〜16:10
  オープニング・パーティ16:10〜17:30