休館日:火曜日(ただし、9月23日は開館)、9月24日(水)
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
入館料:一般500円、小中学生150円


藤森照信氏は、日本近代建築史研究の第一人者であり、出身地である長野県茅野市に1990年、自ら建築作品を手がけ、以後数々の独創的な建築を発表し、研究及び建築で数々の賞を受賞、第10回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展では国際的に高い評価を得ました。
屋根から突き出た丸太柱、タンポポやニラが植えられた屋根、手割の板による外壁、地上6メートルの茶室、洞窟のような居間、建築界に驚きを与え続けている藤森氏の作品は、建築史研究、建築そして都市を見つめるユニークな視点をもとに、自然素材が独自の方法で使用され、私たちがかつて見たこともない、しかし、どこか懐かしい雰囲気をたたえ、五感を通じて語りかけてきます。
本展では、建築家としてのデビュー作「神長官守矢史料館」から昨年竣工の最新作「焼杉ハウス」まで、長野県内の作品を中心に、写真、模型、スケッチ、材料見本、実際に触れることができる家具、藤森氏が結成メンバーである路上観察学会が採集した「名品」の映像等により藤森建築の魅力に迫ります。


展覧会関連プログラム

ギャラリー・トーク
日時:9月13日(土)14:00〜
(終了しました)
10月26日(日)10:30〜
(中止)
場所:小海町高原美術館展示室
講師:藤森照信
料金:無料(入館料が必要です)
申し込み方法:事前申込不要。当日美術館受付にお集まり下さい。

ワークショップ「焼杉をつくろう」(終了しました)
内容:建築を炭で包む。「養老昆虫館」ではじめて自身の手で制作して以来、最新作「焼杉ハウス」まで愛用されてきた「藤森流」焼杉をつくります。杉板を束ねて立て掛けて焼きます。
日時:9月14日(日)10:00〜12:00
場所:小海町高原美術館敷地内特設会場(受付にお集まり下さい)
講師:藤森照信
対象:親子、一般
定員:20名
料金:無料
※外で実施するため、雨や荒天により中止の場合があります。
申し込み方法:事前申込制。郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、ファックス、ハガキ、e-mail(件名に「藤森展」と入れてください)もしくは、電話でお申し込みください。先着順とさせていただきますが、空きがある場合は当日でもご参加いただけますので、前日までに空き状況を電話等にてお問い合わせください。

藤森建築見学バスツアー(終了しました)
日付:10月11日(土)
集合・解散場所及び時間:佐久合同庁舎5:50集合/20:00解散、小海町役場6:20集合/19:30解散(解散時間は予定です)
見学先:浜松市立秋野不矩美術館(静岡県浜松市)、ねむの木こども美術館(静岡県掛川市)
案内:美術館及び長野県建築士会佐久支部スタッフ、
※藤森氏は同行しません。
対象:中学生以上(中学生は保護者同伴)
定員:20名
料金:高校生以上3000円、中学生2000円(昼食代、施設入場料含む)当日お支払いください。
申し込み方法:事前申込制。郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、ファックス、ハガキ、e-mail(件名に「藤森展」と入れてください)もしくは、電話でお申し込みください。先着順とさせていただきますが、前日までに空き状況を電話等にてお問い合わせください。


主催:小海町高原美術館
共催:長野県博物館協議会(長野県博物館協議会同時開催展「郷土にちなんだ美術家たち」)
後援:長野県教育委員会、信濃毎日新聞社、中日新聞社、読売新聞長野支局、毎日新聞長野支局 朝日新聞長野総局、産経新聞社長野支局、長野市民新聞社、須坂新聞社、市民新聞グループ(七紙)、SBC信越放送、NBS長野放送、テレビ信州、長野朝日放送、NHK長野放送局、信州ケーブルテレビジョン、INC長野ケーブルテレビ、エルシーブイ株式会社、FM長野、FMぜんこうじ、財団法人八十二文化財団
協賛:小海町建設工業協力会
特別協力:(社)長野県建築士会佐久支部