概要
1997年7月29日開館。八ヶ岳の麓、長野県小海町松原湖高原に建つ、安藤忠雄氏設計の美術館です。
洗練された空間は周囲の大自然と調和し、芸術に親しむための環境を与えてくれています。
当町出身で元国画会会員の画家、故栗林今朝男氏の作品、人間国宝で陶芸家の故島岡達三氏の作品を中心に所蔵し、
郷土作家、現代美術、建築、デザイン等を扱った、特色ある企画展を開催しています。

理念

小海町高原美術館は、様々な芸術に出合う機会を、広く提供し、地域の文化活動の拠点として、
以下の方針のもと、文化振興を図ります。

・郷土の芸術、所蔵作品を調査研究し、紹介する事で、地域文化の顕彰を行います。
・国内外の多様な芸術表現を紹介し、現代の時代や人間を考える契機を提供します。
・生活の中のデザイン・建築等、身近な分野を紹介し、親しみの持てる美術館を目指します。
・将来を担う子どもたちを育み、芸術を通じて豊かな未来を創造します。

建築について
設計:安藤忠雄建築研究所
安藤忠雄:1941年大阪生まれ。69年に安藤忠雄建築研究所を設立。95年建築界のノーベル賞といわれる「プリッカー建築賞」を受賞。 他受賞多数。代表作には、「住吉の長屋」、「光の教会」、「ユネスコ本部瞑想空間」、「淡路夢舞台」、「フォートワース現代美術館」、「ピューリッツアー美術館」などがある。
規模:本館地下1階、地上1階、屋外展望台地上3階/構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:7667.73u/建築面積:1188.42u/延床面積:1583.22u

博物館登録年月日及び登録番号:平成9年12月22日 第61号

おかげさまで、2012年に、開館15周年を迎えました。
お祝いのメッセージ   館長よりお礼の挨拶

写真

正面

展示室C方向を見る

斜路より地下へ

展示室C

展示室Cより外を見る
平面図
美術館周辺の景色はこちらをご覧ください