2015年1月アーカイブ

小海中学校スケート部全国大会出場

 1月31日から2月3日まで長野市のエムウェーブで開催される「全国中学校スケート大会」に小海中学校スケート部8名全員が出場します。26日に、「全国大会を目指して練習に励んできました。決勝進出と入賞を目指してベストを尽くしてきます。」と、力強い言葉をいただきました。私から選手に、「これまで厳しい練習を重ねてきた自分自身を信じ、家族・コーチをはじめ多くの皆さんの支援に感謝しながら、皆が応援してますので自己ベスト記録を目指して滑りぬいてください。」と激励し、健闘を誓い合いました。

IMG_2798.JPG

  選手と活躍を誓う(1名欠席)

2015年1月26日 (月)
テーマ:

氷上トライアスロン開催される

 今日、25日「氷上トライアスロン小海大会」が、県内外から多くの選手を迎え、白銀と晴天の下開催されました。本大会は、ウインタースポーツの代表的な種目であるスキー(3km)、ランニング(16km)、長距離スケート(10,000m)を組み合わせ、雄大な八ヶ岳の自然の中、体力の限界に挑戦するという日本で唯一の競技です。

 昨日は、開会式とレセプションが行われ、大会での再会を喜び、初出場選手の決意など、大いに盛り上がり楽しいレセプションとなりました。

 今日大会当日は、雲ひとつない素晴らしい青空の中、午前8時のスタートから、優勝、制限時間の12時の完走を目指し限界に挑戦しました。

 参加選手(127人)全員の完走はかないませんでしたが、選手の最後まで頑張る姿には大きな感動をいただきました。

 参加いただきました選手の皆さん、大会運営に当たったスタッフの皆さん、協賛いただきました皆さん、とん汁やうどん、おにぎりでおもてなしをいただきました地域、地元区の皆さんをはじめ、本大会にご支援いただきました全ての皆さんに心から感謝申し上げます。

 大会の様子は、2月21日15時55分から30分間、abn長野朝日放送で放映されますのでご覧ください.

 CIMG0152.JPG

  最後の頑張り(スケート)で力を発揮する選手たち 

CIMG0154.JPG

 見事チームで完走した、地元小海高校の選手と、学校のキャラクター「パクム」と町のキャラクター「プティリッッア」(向かって左)

CIMG0156.JPG

  地元松原区の皆さん、やまびこネットワークの皆さんの「とん汁・うどん」のサービス、もてなしの心で温かいサービス。皆さん美味しいと大満足でした。

 

 

 

2015年1月25日 (日)
テーマ:

消防団出初式・第64回松原湖スケート大会(小学校の部)開催

 1月10日に、小海町消防団新春恒例の出初式が盛大かつ厳粛に挙行されました。式では、近年、自然災害が多発し消防団に対する期待が益々増大する中、訓練に励み町民の命を守り、安心安全なまちづくりに、団長を中心に町民の願いに応えていくことを決意し、分列行進と初放水を行い、今年が無災害であることを祈念いたしました。

CIMG0149.JPG

   千曲川河原で初放水

 また、12日には、伝統ある「第64回松原湖スケート大会(小学校の部)」が、松原湖高原スケートセンターにおいて、晴天の下開催されました。。県内各地から選手が参加し、1年生から6年生までベストを尽くし、素晴らしい大会となりました。少子化の進む中、参加選手も減少していますが、(今大会、39校、209人の選手が参加)、今後も、スケートの底辺拡大とこの伝統を、関係者の皆様としっかり守って行きたいと思っています。

 CIMG0151.JPG

  頑張る選手と応援する皆さん

2015年1月12日 (月)
テーマ: