2013年12月アーカイブ

ありがとうございました

 行政は今日で今年の仕事が終わりとなります。(一部の部門を除いて) 町民の皆様をはじめ、多くの皆様から小海町にお寄せいただきましたご支援ご協力に対し心から御礼申し上げます。本当に1年間ありがとうございました。

 素晴らしい新春をご家族お揃いでお迎えください。

 CIMG0239.JPG

 今日の松原湖(猪名湖)です。12月29日から長湖で、1月1日から猪名湖で ワカサギの穴釣りが解禁となります。元旦の朝には、多くの皆さんで賑わうことを願っています。また、松原湖周辺には、スケートセンターでスケートを、リエックススキーバレーではスキーとウインタースポーツが楽しめます。そして、天然掛け流し温泉「八峰の湯」で雄大な八ヶ岳や雪景色を眺めながら体を癒して頂きたいと願っています。多くの皆様のお越しを心からお待ちしております。

2013年12月27日 (金)
テーマ:

パクム・プティリッツァ小海PR大使任命

  小海高等学校のパクムと町のプティリッツァを小海町PR大使に任命し、これからコラボしながら、町の宣伝やイメージアップに活躍をお願いしました。これから、イベント等皆さんにご紹介しますが、行事などにお誘いいただければと思います。

 パクムとは、小海高等学校のイメージキャラクター、生徒が企画しました。名前の由来は、学校の標高896mからきています。山と緑と校歌にも歌われている「りんどう」をイメージ。性格は、「明るくて元気で前向き」、好きな言葉は、「誠実」です。

 プティリッツァとは、松原湖高原に棲んでいる可愛らしい妖精のことです。彼等は「温かい心を持った人間の住む土地にしか生きられない」と言われています。その様な妖精たちが、小海町に棲んでいるという事は、この町には素晴らしい自然環境と温かい心の持ち主が多いという事になるかもしれませんね。

CIMG0235.JPG

  二人で握手(左がパクム、右がプティリッツァ) どこかであったらよろしくネ!!

   一緒に頑張ろうネ!!

CIMG0233.JPG

  委嘱状を持って、これからの活躍を誓いあってみんなで記念撮影。ハイポーズ

 

 

2013年12月19日 (木)
テーマ:

親子ふれあいスケート教室

 親子ふれあいスケート教室が、12月8日に松原高原スケートセンターで行われました。保育園児・小学生が、お父さん、お母さん、祖父母と、20組54人が参加し、親子のふれあいとスケートを楽しみました。一昨年より、スケートの楽しさを知ってもらい、スケートの底辺拡大と親子のふれあいの場をと、指導員をお願いし始めました。今シーズン2回目は、この21日スケートセンターで行なわれます。お問い合わせは、生涯学習課、又は子育て支援課までお願いします。

 また、、明日14日と15日「第63回松原湖スケート大会中学校の部」と第15回長野県中学校スピードスケート競技会東北信大会)が松原高原スケートセンターで開催されます。大勢の皆さんの応援をお願いします。

 

CIMG0222.JPG

  まずはスケート靴をはいて

 

CIMG0223.JPG

   さあ 練習開始

   

CIMG0224.JPG

   転び方の練習も大切です

2013年12月13日 (金)
テーマ: