2013年9月アーカイブ

楽しかった保育所運動会

 28日(土)秋晴れの青空の下、保育所の運動会が開催されました。今年のテーマは「小海の里の忍者修行」、15のプログラムを忍者修行にみたて、変装したり走ったり、リズムや親子ゲームで、会場いっぱいの応援と園児の頑張りで楽しい運動会でした。

 子どもたちの元気な姿と成長した姿に、家族の皆さんは目を細め応援していました。園児の頑張る姿と保護者の皆さんの協力に感謝でした。これからも子どもたちの成長を願い、すべての皆様のご協力をお願い致します。

CIMG0188.JPG

        「勇気100%」園児全員によるリズム

 

 

2013年9月29日 (日)
テーマ:

小海小学校校庭運動会

 秋晴れの下小海小学校の運動会が開催されました。子どもたちが校庭いっぱいに、練習してきた素晴らしい演技や競技を観て、応援に力が入ると共に涙が出るほどの感動を頂きました。子どもたちの成長に、保護者や家族はもちろん、いつも子供たちを見守っていただいている地域の皆様も、大きな喜びを感じたと思います。赤白の得点は、共に24点で引き分けでした。また、息の合った応援合戦も素晴らしかったです。子どもたちの頑張りにエールを送ります。

CIMG0185.JPG

       5年生・6年生の緊張と 感動の組体操

CIMG0186.JPG

 

2013年9月21日 (土)
テーマ:

「敬老の日」、祝長寿

 台風18号が日本に上陸、広い地域に激しい雨が降り続き、大きな被害と爪痕を残し日本海へ。被災された地域の皆様に心からお見舞い申し上げます。小海町も、近年にない一時激しい雨に見舞われ小河川等の氾濫が心配されましたが、消防団の出動等により、大きな被害はなく安堵しております。

 今日は「敬老の日」です。今年、町で100歳をお迎えになるのは「小山よ志さんと井出きみよさん」のお二人です。台風も過ぎ、青空が顔を出す中、小山よ志さんに、加藤さゆり副知事から、祝い状が贈呈されました。家族や孫・ひ孫に囲まれ、「皆さんのおかげで100歳を迎えた感謝の言葉と、これからも1日でも長くひ孫達と一緒に元気に過ごしたい」と笑顔で話されました。高齢者の皆様が、いつまでも元気で住み慣れた地域で生活できるよう、町も政策を進めると共に、加齢と共に介護が必要になったら、色々なサービスを利用しながら家族と共に、また、地域の中でお過ごしいただけるよな温かい町づくりに今後も、もっとしっかり取り組んで行くことが責務と強く感じました。これから地区ごとに町の敬老会が開催されます。高齢者の皆様の元気な姿にお会いできることを楽しみにしています。

CIMG0183.JPG

         加藤副知事と楽しく歓談

CIMG0181.JPG

               お孫さん、ひ孫さん、みんなで記念写真

2013年9月16日 (月)
テーマ:

9月7日

 今日、町ではこんなことがありました。

①佐久地域の小中学生の陸上スケートトレ―ニングが、日本電産サンキョー(株)スケート部ヘッドコーチ高村洋平氏を迎え、小海中学校のグランドで基礎体力の養成とシーズンインの心構え等目的に開催されました。汗を拭きながら頑張る姿を見て、今シーズンにの活躍に期待を深めました。小海町高原スケートセンターは、現在補修工事中で、11月9日のオープンに向け万全の準備を進めております。 

CIMG0160.JPG

 ②八ヶ岳スーパートレイルレース(60kmコース)出場選手が午前10時に、松原湖畔からスタートしました。八ヶ岳の東側から西側(茅野市)のゴールを目指して選手の皆さん笑顔でスタートしました。

 また、松原湖畔は、100km・100マイルのチェックポイントであり、今日の深夜まで選手をお迎えいたします。松原区の皆さんがボランテアでトン汁などにより、温かいもてなしをしていただいております。感謝・感謝です。

CIMG0157.JPG。 

 

CIMG0161.JPG

   もてなしのトン汁や、おにぎり、地元で採れたトマトなどでエネルギーの補給、ゴールを目指元気に走って行きました。

③小海町の観光の中心地松原湖を、NPO法人「長野県水辺環境保全研究会」(理事長 長田 健)皆様の水中ダイバーのボランテアで、松原湖の湖底の清掃活動をしていただきました。ダイバーの皆さん、これまでの経験で一番水が冷たいとおっしゃっておられましたが、2人がペアーになり頑張っていただきました。湖底のゴミを25人のダイバーで上げていただき、地元の「松原湖を美しくする会」の会員(ボート)と協力し合い今日の作業を終えました。明日も実施していただけると聞き本当に頭の下がる想いと感謝でいっぱいです。 CIMG0158.JPG

④小海町高原美術館(松原高原)では、今日から11月4日(月)まで、造形作家「駒形克己展」を開催いたします。本日多くの皆様に来館いただきアーティスト ・トーク(講師:駒形克己)が行われました。子どもから誰もが楽しめる素晴らしい展覧会です。是非ともたくさんの皆さんに鑑賞していただきたいと願っています。お待ちしております。また、10月12日には駒形さんを講師に招き、紙を使ったワークショップを開きます。問い合わせは高原美術館、☎0267・93・2133へ。

CIMG0162.JPG 

⑤ また、松原湖畔の「ギャラリー創」では、今日から佐久市在住の丸山健二 写真展を、9月23日(月)まで開催します。自然の美しさから、心地よく安らかな時間を満喫していただけます。高原美術館と一緒にご覧いただければと願っています。

 最後に、今日、佐久市で初上映されました、小海町出身の新海誠監督の新作「言の葉の庭」を鑑賞できなくて残念でした。今日は監督の舞台あいさつがあり監督の母校小海中学校の30周年記念講演から久々にお会いできたのにと想うと残念でなりませんが、しょうがない。明日、佐久アムシネマに監督には会えませんが、映画を観に行きます。

 今日は色々ありましたが、明日の未明に明るいニュース(新聞号外)を夢見て今日は休みます。

 

 

2013年9月 7日 (土)
テーマ:

スポーツの秋

 記録的な猛暑の夏も過ぎ、収穫とスポーツの秋を迎えました。北信越高校野球長野県予選の高校野球、昨日、今日と南佐久少年野球秋季リーグ戦が小海町で開催れ、「明るく、元気で、耐える」をモットーに、小学生の元気な姿と熱戦が展開されました。また、分館対抗のソフトボール大会が中学校グランドで、13チーム参加し開催されました。さわやかな汗と親睦を深め、楽しい1日となり、試合後のビールは格別だったとおもいます。

 CIMG0156.JPG

 今日は、「防災の日」、町では1か所で大規模に行うやり方を変更して、一昨年より実際の災害時に近い実践的な形にしようと、各地区でつくる自主防災組織を中心にした、小規模訓練を実施しています。今年は10月6日に実施を予定しています。わが町は幸いにして近年大きな災害は起きていませんが、全国各地でゲリラ豪雨等大きな災害にみまわれ、毎日のように報道されています。「災害は忘れたころにやってくる」、今日は防災の日です。自然災害の恐ろしさを再認識し、家族ともう一度災害時の備えについて話し合う良い機会としていだきたいと思います。

2013年9月 1日 (日)
テーマ: