2013年6月アーカイブ

八峰の湯開業7年目に

 北八ヶ岳松原湖温泉「八峰の湯」(天然掛け流し日帰り温泉)が、7月1日で7年目を迎えます。毎年16万人のお客様に入館いただいております。また、岩盤浴(500円)もお楽しみいただけます。

 ヤッホーの湯は、標高約1,270m位置する広々とした大浴場と開放感あふれる露天風呂が自慢の源泉掛け流しの湯。晴れた日には悠然とそびえたつ八ヶ岳連峰を望むことができます。緑に囲まれたここ八峰の湯は、夜になると満天の星を見ながらの入浴も格別。また、体が不自由な方、小さなお子様にご利用いただける家族風呂もご用意しております。

 プラス、地元の新鮮な食材を使った料理の数々をご堪能ください。特に、小海産そば粉にこだわった二八そばは自慢の一品です。

 7月1日には、ささやかな感謝企画を計画しております。ゆっくり・のんびりと温泉を楽しみ、至福の癒しと大自然を満喫していただきたく心よりお待ちしておりますお越しください。

 meishi.JPG

 私の名刺の裏面です。(入浴時タオルは入れておりません)

2013年6月26日 (水)
テーマ:

「小林紀晴写真展素と源流」開催

 22日より小海町松原高原美術館では、「小林紀晴(こばやしきせい)写真展 素と源流」企画展を開催しております。小林紀晴氏は、1968年長野県茅野市のお生まれです。昨年、優れた写真家に贈られる「第22回林忠彦賞」を受賞、現在、東京工芸大学教授として後進の指導にも力を注いでいます。本展では、諏訪の御柱祭など日本各地に伝わる祭りや神事、そして八ヶ岳を紹介しております。8月25日(日)まで開催しておりますので、素晴らしい作品をご覧いただくと共に、松原湖高原の大自然と美術館隣の源泉掛け流し日帰り温泉「八峰の湯」で八ヶ岳を眺めながら心と体を癒していただければとお越しをお待ちしております。高原美術館、八峰の湯のアクセスや入場料、休館日等詳しくはホームページをご覧ください。

 また、松原湖(猪名湖)の湖畔「ギャラリー創」では、6月30日(日)まで、「松原湖高原・北八ヶ岳の四季」写真コンテスト優秀作品展を開催しております。(入場無料) 松原湖や小海町、佐久穂町界の白駒の池の紅葉など、県内外の写真愛好家が応募した101点の内、入賞・入選作品23点を展示しています。目を引く素晴らしい作品に出会うことができます。

  美術館内展示風景

CIMG0115.JPG

2013年6月24日 (月)
テーマ:

子育てフェスタ開催される

 23日(日)なかよし児童館で「子育てフェスタ」が開催され、56組の親子が参加し楽しみました。未就園児親子を中心とし、人形劇や読み聞かせ、そして、親子でふれあい遊戯をしたり、手作りおやつを一緒にいただきました。子育て支援センターとして児童館でいつも子育ての悩みや喜びを語り合っているお母さん方が中心となって、衣類を中心に持ち寄りリサイクルを行い、参加者の皆さんに好評でした。少子高齢化が進む中、「子供を産み子育てしやすい町」を目指して町づくりを推進しています。子育て支援課・町民課・教育委員会が連携し事業を進めておりますので、保育園に保健師に教育委員会に何でも相談してください。またご意見等お寄せいただければありがたいです。よろしくお願い申し上げます。

CIMG0114.JPG

子育てフェスタで親子ふれあいの様子

 21日には、小海小学校校内音楽会に、ご家族の皆様をはじめ多くの地域の皆様にお越しいただきありがとうございました。子供たちの成長ぶりに目を細めて聞き入ったことと思います。1年生の見事な成長、さすが6年生。各学年素晴らしい合唱と合奏に、涙が出るほど私も感動しました。ご出席いただいた新小海小学校の校歌を作詞していただいた「山川啓介」先生ご夫妻から「全てが素晴らしかったが、数多くの学校を訪問しますが、聞く態度の素晴らしさに感銘しました」とおほめの言葉を頂きました。強く感動されたとのこと、校長先生と共に自分達が言われたような喜びを感じました。子供たち、先生方に感謝です。 そして、子供たちの 限りない成長と今から秋の運動会が楽しみです。

 

2013年6月24日 (月)
テーマ:

町老人クラブ大会開催(健康長寿)

 今日(27日)第42回小海町老人クラブ(会長 中山良蔵氏)大会が総合センターで開催されました。会長より、「健康・友愛・奉仕」の3大活動を柱にした高齢者の集まりですから、知識と経験を生かして地域に貢献するほか、すべての年代の方と手を携えて、明るく生きがいのある日々を送りたいと思います。また、休会クラブの復活や会員の加入増加の呼びかけのあいさつで始まりました。

 記念講演では、講師に、長野県立飯田創造館 元館長の柄木田孝行氏のお話をお聞きしました。長寿の秘訣は、①やる気を持って外に出ること(近所の友達とお茶やグループ活動に参加、仕事や趣味を生かす、人と付き合うことが大事)。②今の生活を生きがいを持って楽しむように。③日々感動と笑いを多く。④歩くことと噛むこと。そして、常に前向きな人生をと言われました。参加した皆さんからは、楽しい講演だった。「今日から、できることから1つでも実行したい」との声が多く聞かれました。

 町では健康長寿を目指し、町民課包括支援センター、社会福祉協議会で、「二輪草の会」・「宅老所・なごみ」・「介護予防教室」など予防事業に、多くの皆さんに参加していただいております。また、地域単位での老人福祉センターでのお楽しみ交流会など、そして、公民館活動では各種グループ活動や教室が開催されています。柄木田先生の講演でも強く言われましたが、テレビが友達、いつも夫婦2人だけで家に閉じこもり?、体調を崩す要因であり、それぞれが、したいことを見つけ、外に積極的に出て交流することが大切だと言われました。家から飛び出し参加して見ませんか。包括支援センター(☎91-2200)、社会福祉協議会(やすらぎ園 ☎92-4107)、生涯学習課(総合センター☎92-4391)まで、お問い合わせご相談ください。いつまでも健康長寿で人生を楽しむために。

2013年6月20日 (木)
テーマ:

保育園で完全給食後初の交換給食

 今年度より、保育所で完全給食を開始しました。先月親子交換給食が行われ、親子で一緒に美味しい給食を楽しみました。子どもたちは愛情たっぷりのお弁当を、保護者はいつもの子供たちの給食を食べていただきました。楽しみながら子供たちの様子や給食へのアンケートやご意見をお聞きし、管理栄養士や給食現場、そして保育士が、栄養のバランス・子供たちの好みや味付け、そして食育など今後より良い給食づくりに生かしてまいります。アンケートの結果は、完全給食になり温かいごはんでありがたい、また、地産地消、古代米やキビなど工夫し、副食も塩分控えめだが栄養のバランスなど考えていただきありがたい、またおやつもおいしかったとの意見がほとんどであり、完全給食の歓迎意見が多くてありがたかったです。家では、野菜を食べないのに保育園では食べられるや保育園ではおかわりして驚いたなどの意見も参考にしながら職員みんなで頑張ってまいります。

 また、今日は中学校の授業参観でした。多くの保護者の皆さんにお越しいただき、1年生はお父さんお母さんと一緒に体育館でレク、2年・3年は熱心な先生の指導と落ち着いた授業態度を参観することができました。部活動も、今度の土・日には東信大会、その次の週には陸上の県大会に出場します。ベストを尽くし健闘お祈りいたします。

 明後日(21日)には、小海小学校の音楽会です。子供たちの成長と素晴らしい歌声と合奏を聴きに多くの皆さんお出掛けください。子供たちも励みになりますし、皆んなで大きな感動を享受しましょう。

2013年6月19日 (水)
テーマ: