学校長より
 
@
ふるさとの山である八ヶ岳をこよなく愛した詩人尾崎喜八は、夏沢峠に立ち、「佐久と諏訪からの風が峠で合掌している。」と詩の一部に記し、峠の美しさを表現している。そして、校歌を作詞いただいた、山川啓介氏は、新しい学校に寄せる願いを次のように表現してくださった。
  「八ヶ岳に風がうまれたよ 松原湖こえてさそいにきたよ」
  「相木川は千曲とであって まぶしい海まで旅をするんだね」
心を一つにして、世界に、いや宇宙に一つしかない「小海」で育つ子どもたちの個性の磨き合い、豊かな自然の中できよらかな心が育つことを校歌に託してくれた。
  「きよらかなかぜ」「きよらかなながれ」
私たちは、託された願いを強く心に持ち続け、決してそこからぶれない、大事な教育活動を「清風教育」「清流教育」として、子どもたちの力としようとするものである。

清風教育
  
個性の香が漂い、心の育ちあいがある学校。
         交わりにより、香が一層増す素敵な教育活動がある。
         香は、小海にとどまることなく、社会に広がっていく。


清流教育  
個性がまとまりあい、「うるおい・いきおい・まとまり」が増していく。
         一滴のしずくが集まり、豊かな社会を創り上げようと働いていく
A
学校教育目標
  「かしこく」 「きよく」 「たくましく」
をもとに、開校2年目、次の3項目を重点として、子どもたちの学びを支えていきます。

(1)豊かな心の育成
 @人を感じ、心通い合うあいさつ(あいさつのレベルアップ)
 A気づきあい支え合える関係づくり

(2)学力の向上
 @分かる授業、分かっていく授業、定着の時間を大切にする授業
 A豊かな表現力を伸ばしていける授業(豊かな語彙、美しい言語活動、根拠を大切に)
 B粘り強い追究力(家庭学習との連携で自己を高める)

(3)強い心の育成
 @自分たちで築く学級、学校(学級会活動の充実、児童会活動、なかよしの時間)
 Aふるさと学習の充実
 B健康教育の充実

もどる